「へき地や小規模の学校にリユースパソコン寄贈します」 ジブラルタ生命保険、7月4日から応募受け付け

ジブラルタ生命 「昨年行われたリユースパソコン贈呈式の様子」

 

 ジブラルタ生命保険(東京都千代田区)は、全国へき地教育研究連盟(東京都港区)を通じて、連盟に加盟する全国のへき地・複式・小規模校を対象に7月4日~9月9日、各校から希望を募り、リユースパソコンを寄贈する。ジブラルタ生命の社会貢献活動の一環として、2015年から毎年実施しており、これまでに延べ1720校に1977台を寄贈した。

 寄贈するパソコンは、社内で使用しなくなったもののうち、状態のいいノートパソコンを選び、パソコン内のデータ消去や筐体(きょうたい)のクリーンアップ、アプリケーションのインストール、オプション品の付設などの処理を行った後、配送する。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社