「ととのう」を再定義するサウナ「RE:SAUNA」4都市にOPEN MOPUS 「ととのわなかったら全額返金」キャンペーンも期間限定で実施

RE:SAUNA 「MACHIYA:SAUNA KYOTO」

 

 サウナ事業のMOPUS(東京都渋谷区)は、都市型サウナの新ブランド「RE:SAUNA(リサウナ)」を設立し8月1日、栃木県・愛知県・京都府・広島県の4都市に新店舗をオープンした(予約制)。

 「RE:SAUNA」は、サウナと水風呂を繰り返すことにより得らえる快感の「ととのう」という言葉に関して、身体だけではなく、心から本当に“ととのう”体験を提供したいという思いから生まれたサウナの新ブランド。オープンしたサウナは全店、水着着用の男女混浴制で、老若男女問わずサウナを楽しめる空間を目指したという。

 「RE:SAUNA」のサウナ室は、サウナ本来の楽しみ方を提供するため薪(まき)ストーブを使用。薪ストーブの柔らかな熱・炎の揺らめきを感じながら、身体を芯(しん)まで温めるのが狙いだという。(一部店舗除く)

 最適な湿度に管理されたサウナ室内は、セルフ式のアロマロウリュも行えるほか、余裕ある定員設定で、ゆったりとしたスペースを確保した。さらに水風呂は、サウナ好きが理想とする冷たさ・広さを追求し、「ととのう」ことにこだわり抜いた空間を目指した。外気浴スペースは、京都店は畳張りの縁側で、宇都宮店は緑を感じる庭など、全ての施設で外気の流れや各都市の四季を感じることができる。

 利用形態は2時間などの1セッション制の貸し切りのほか、一部店舗ではパブリックデー(相席利用)もある。料金は平日2千〜5千円(1人)で、店舗によって異なる。またオープン記念として「ととのわなかった場合」に利用料を返金する「#RESAUNAととのい保証サービス」を8月21日まで実施している。

 ・RE:SAUNAウェブサイト:https://resauna.jp/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社