OSSが電気自動車関連事業に参入 脱炭素や地域防災力の強化に貢献

OSS 「分散充電制御サービス」イメージ

 

 オムロンソーシアルソリューションズ(東京都港区、OSS)はこのほど、今後普及拡大が見込まれる電気自動車の関連事業に新規参入する、と発表した。

 日中に稼働した運輸用などの電気自動車は帰社後、翌朝までにバッテリーを満充電にする必要があり、多くの車両への一斉充電に伴う電力ピークの発生や契約電力高騰のリスクがある。これを回避するための「分散充電制御サービス」や、電気自動車を災害など非常時に活用できる蓄電池システムとして建物などに給電する仕組み作りなど、電気自動車に関わるエネルギーソリューション事業に参入する、という。

 OSS は、今回参入する電気自動車に関わる事業を、既に手掛けている太陽光発電事業や蓄電池システム事業に続くエネルギー事業の「第3の柱」に位置付ける。電気自動車に関わるエネルギー事業を通じて、脱炭素や地域防災力の強化などに貢献したい、としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社