和ハッカとハーブの魅力を紹介するイベント 北海道滝上町が東京・丸の内で開催

和ハッカと香りの里ハーブフェア実行委員会 チョコミント大好き男子「うしくろくん」

 

 北海道滝上(たきのうえ)町の「和ハッカと香りの里ハーブフェア実行委員会」は7月31日、東京・丸の内で、和ハッカとハーブの魅力を楽しむイベントを開催する。

 滝上町は、全国的に稀少となった「和ハッカ」を商業生産しており、ハーブによる町おこしに力を入れている。

 31日の午前10時からと午後1時半からの2回、トークショーイベントを大手町タワー・ENEOSビルの「東京・3×3 Lab Future(さんさんらぼフューチャー)」で開催。第1部は、チョコミント大好き男子「うしくろくん」が登壇し、和ハッカ農家の人も交えトークショーを行う。「うしくろくん」は、チョコミントへの偏愛ぶりを自身のSNSで発信したり、テレビ番組で披露したりしている。第2部は、滝上の和ハッカを使ったフードやスイーツ、コスメなどをメーカーや農家の人が紹介する「たきのうえ和ハッカトーク」を行う。

 イベントは約1時間20分で、参加費は無料。各回の定員は30人で、ウェブでの事前申し込みが必要。定員になり次第、受け付けを終了する。締め切りは7月25日。ハッカとハーブ製品のコーナーは自由に入場できる。

・イベント申し込み:https://forms.gle/NNv1eaYpU9uybPTx7

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社