女子ホッケーチームを応援 モリトがコーポレートパートナー契約締結

モリト/一坪 代表取締役(左)と東京ヴェルディ女子ホッケーチーム/藤尾 ジェネラルマネージャー

 

 服飾資材製造卸のモリト(大阪市)はこのほど、東京ヴェルディ女子ホッケーチーム(東京都千代田区)とコーポレートパートナー契約を締結した。

 モリトがスポーツクラブチームとコーポレートパートナー契約を締結するのは初めて。東京から世界を目指す同チームの情熱と信念に共感し締結したという。ユニフォームの背面上部に企業ロゴを掲示する。

 選手はモリトの製品開発や環境保全活動に参加する。廃魚網を使用したリサイクル生地を使用したホッケー用オリジナルバッグの作成に加わる予定だ。今夏は子ども向けの環境ワークショップなどへ参加する。

 モリトは「ホッケーを通じてファンや多くの方へ笑顔と感動をお届けしたい。選手たちが子どもたちのお手本にもなってもらえれば」としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社