農薬不使用の国産野菜スープ 47CLUB、マクアケで販売開始

47CLUB 「プレーンベジブロス」

 

 全国の地方新聞社などでつくるインターネット通販運営会社「47CLUB」(東京都中央区)は、捨ててしまいがちな野菜の皮や芯(しん)、切れ端などを煮出して作るだし汁「ベジブロス」をベースにした野菜スープ「SUPULI(スプリ)」を開発し、クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で販売を始めた。10月中旬からは電子商取引(EC)専用サイトで販売する予定という。

 ラインアップは「ベジブロス」にオリーブオイルや酒、塩を加えたカップ入りの「プレーンベジブロス」のほか、パウチ入りの「黄のベジブロス」「緑のベジブロス」「白のベジブロス」「和漢のベジブロス」の5種類。

 使用するベジブロスは、農薬を使わずに栽培した国産の野菜で作っている。「スプリ」は、そのまま飲むほかに、プレーンタイプは料理のだし汁としても使える、としている。カップ入りとパウチ入りは、いずれも電子レンジで1分30秒程度温めれば飲むことができる。

 ・マクアケ:https://www.makuake.com/project/supuli/
 ・47club:https://www.47club.jp/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社