「Universal勤次郎」に顔認証・検温端末との打刻データ連携機能をリリース 出退勤管理の打刻で顔認証と温度測定が同時可能に

「Universal 勤次郎」

 

 労務管理や健康管理のソリューション事業を手がける勤次郎(東京都千代田区)はこのほど、労務管理システム「Universal勤次郎」に、ロジテックINAソリューションズと日立エルジーデータストレージ両社の「顔認証・熱検知端末」との「打刻データ連携機能」をリリースした。

 「顔認証・熱検知端末」との打刻データ連携機能は、管理者が出退勤などの管理で、打刻と同時に顔認証と温度測定ができるため、労務データと健康データのシームレスな管理が可能だという。

 また認証端末に顔を向けるだけで、非接触で打刻が可能となるため、「Withコロナ時代」の衛生管理面にも有効としていて、言語は英語、韓国語、中国語にも対応している。

 連携端末は、ロジテックINAソリューションズの「LTC-T80」「LTC-LT80W」シリーズと、日立エルジーデータストレージの「SAFE PASS」。

・「Universal勤次郎」ウェブサイト:https://www.kinjiro-e.com/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社