DX推進や食品ロス解決で資本業務提携 南日本運輸倉庫とファーストオーダー

南日本運輸倉庫×ファーストオーダー

 

 南日本運輸倉庫(東京都中野区)とファーストオーダー(東京都北区)はこのほど、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進や食品ロスなどの解決を目的に資本業務提携した、と発表した。提携で食品物流向けパッケージソフトの新規開発を進めるという。

 ファーストオーダー開発のクラウドを基盤とした取り組みを活用し、人員不足や業務効率化、生産性向上など物流業界の抱える課題に対応した「食品物流システムの外販」も計画している。南日本運輸倉庫は冷蔵・冷凍食品輸送のエキスパート。「新しい技術への探求と導入を進める」という。

 ファーストオーダーはシステムコンサルティング企業。物流業界や小売業界のシステム開発に長年携わったメンバーが2018年起業。物流に特化したクラウドパッケージソフト開発力の強みが、今回の資本提携につながったとしている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社