味福あさの、8月1日から「じゃこ七味煮飯」の辛さを1.5倍に 夏季限定、お土産用に店頭で単品販売も

味福あさの 「味福らあめん定食」

 

 東京広尾の和食の名店、味福あさの(東京都渋谷区)は「味福らあめん定食」に付いてくる「じゃこ七味煮飯」の辛さを8月1日から1.5倍に変更し、夏季限定で販売する。

 「じゃこ七味煮飯」は、静岡県産の特上しらす干しに生サンショウ、酒、みりん、しょうゆを使用して炊き上げた、店主こだわりの一品。七味などでさらに辛さを増量した「じゃこ七味煮辛さ1.5倍」は「らあめんスープ」をそのままかけて食べることで、夏の暑さも吹き飛ばす辛さとうま味を味わえるという。

 「味福らあめん」は、塩味の「鶏ぱいたん」と、しょうゆ味の「鶏しゃんたん」の2種類で、 別皿に盛られた「九条ネギ」「炙(あぶ)り合鴨(あいがも)」「生姜(ショウガ)出汁玉子」「生のり鰹(かつお)」のトッピング具材が付き、具材の投入で“味変”を楽しむことができるのが特徴。

 「じゃこ七味煮辛さ1.5倍」の販売はランチ営業のみ。水~土曜日の11時半〜14時半で、売り切れ次第終了する。価格は定食1000円、単品850円。また8月1日からお土産用に「じゃこ七味煮辛さ1.5倍」の80グラム(650円)と130グラム(980円)を店頭で単品販売(昼食注文の顧客には通常価格で20㌘増量)する。

 ・味福あさのウェブサイト:https://hiroo-asano.com/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社