小規模マンションに特化した管理サービス 穴吹ハウジングサービス、専門部署を立ち上げ

穴吹ハウジングサービス 「SMUSIA」標準管理プラン

 

 穴吹ハウジングサービス(高松市)は、30戸以下の小規模な分譲マンションを対象とした管理サービス「SMUSIA(スムシア)」の提供を7月1日から始める。

 同社によると、全国に2000社以上あるといわれるマンション管理会社は近年、寡占化が進み、管理戸数の多い管理会社がますます管理戸数を伸ばし、管理戸数の少ない管理会社は撤退したり事業を譲渡したりといったケースが増える一方で、大手の管理会社は人材不足などから、採算の合わない小規模マンションからの撤退や値上げの提案が相次いでいるという。管理会社が見つからない「マンション管理難民」は話題にもなった。

 小規模マンションは、大規模マンションと比べ、1戸当たりの管理費が割高な傾向にある。今後、マンションの老朽化が進むと修繕費用などの支出が増え、さらに値上げが必要になるマンションも多い。

 穴吹ハウジングサービスは、こうした社会課題を解決するため、「スムシア」を開発し、小規模マンションの管理を専門とする「小規模マンション管理支援事業部」を7月に立ち上げる。

 スムシアは、①ITの活用②シェアリング③通常の管理業務を標準化し、業務効率をアップ―などが特徴で、比較的低価格でサービスを提供する。

 マンション管理は、アプリ上で行い、フロント業務を省力化する。お知らせや月次報告を瞬時に届け、印刷物や交通費を削減する。NECソリューションイノベータ(東京都江東区)がパートナーとなり、アプリ開発を行った。

 清掃や設備点検などを行う管理員は、共通業務を複数のマンションでまとめて実施して管理コストを削減する。

 また、これまで個別対応だったため、費用が割高だった業務は、標準管理プランとしてパッケージ化することで費用を抑制する。

 ・サービス紹介サイト:https://www.smusia.com/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社