外科医の手術執刀数に男女で格差 日本消化器外科学会のデータベース使い比較

岐阜大学 「6術式における外科医1人あたりの執刀数の男女間比較」

 

 大阪医科薬科大学の河野恵美子助教や東京大学大学院の野村幸世准教授、岐阜大学の吉田和弘学長ら、複数の大学の研究者からなるグループは、日本消化器外科学会のデータベースを使い、胆嚢(たんのう)摘出術や虫垂切除術など6種類の手術について、外科医1人当たりの執刀数を男女で比較。いずれの手術も、女性外科医は男性外科医より執刀数が少ないことが分かったという。また、こうした差は難易度の高い手術ほど顕著だった。比較した手術は他に、幽門側胃切除術、結腸右半切除術、低位前方切除術など。

 手術執刀担当の割り振りは、それぞれの施設の外科のトップが決めていることがほとんど。これまでの海外の研究から、外科医の手術トレーニングに男女格差があることが分かっているが、こうした格差は若い研修期間中に限定されている報告がほとんどで、全ての経験年数別に比較したものはなかった、としている。

 厚生労働省の調査によると、2006年の外科医の数は3万2448人だったが、18年には1万3751人と激減し、外科医不足が深刻化している。この間の女性外科医の割合は、4.2%から6.2%に増加しているものの、指導的立場にある女性は極端に少ないという。

 研究グループは、「性別が手術執刀経験に大きく影響を与えているという結果となった。女性も一定以上の手術手技を獲得し、指導的立場で日本の外科診療を担っていくことが本来のあるべき姿。この研究結果が外科におけるジェンダー平等と女性のエンパワーメント(潜在的能力の強化)の実現につながることを期待している」とコメントしている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

かわいく撮ってね

◎…最高の一枚を―。宮崎市のみやざきアートセンターで5日、子…

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社