オフィス利用者の位置情報と生体情報から個人と組織の生産性向上に役立てるシステム「ジスタ」

オフィスの生産性を評価する新システム「ジスタ」 都内開催の展示会に出展

 仮想現実(VR)サービスなどを展開するジオクリエイツ(東京都港区)は、竹中工務店と共同開発したオフィスの生産性評価システム「GISTA(ジスタ)」を東京都内で開かれる展示会に出展する。ジスタはオフィス利用者の位置情報と心拍データなどの生体情報を分析することで、個人と組織の生産性向上に役立てるシステム。

 オフィス利用者にリストバンド型心拍計を装着してもらい、スマートフォンと連携させて位置情報や生体情報を測定する。サーバーに集めたデータから集中度やストレスなどの指標を算出、位置情報と関連付けてオフィス全体のデータを可視化する。「集中して時間短縮できる会議はどの時間と場所で行うのがよいか」「何時に何分の休憩時間を取ると集中力が高まるか」といった観点で測定できるという。​

 5月21、22日に開かれる「ロケーションビジネス&マーケティングEXPO2024」にジスタを出展する。時間は両日とも午前10時~午後5時。場所は東京都立産業貿易センター浜松町館2階(東京都港区海岸1-7-1 東京ポートシティ竹芝)。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スタートアップ

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社