19年ラグビーは勝負、20年五輪は友好  アイルランドが袋井市で事前キャンプ

静岡県袋井市とアイルランド・オリンピック委員会は、袋井市が2020年東京オリンピックでアイルランドの事前キャンプ地となる覚え書きを交わした。締結式は9月19日、東京都内のアイルランド大使公邸で行われ、原田英之袋井市長とアイルランド・オリンピック委員会のピーター・シェラードCEOが覚え書きに署名し、川勝平太静岡県知事とアイルランドのポール・カヴァナ駐日大使が立会人を務めた。

東京オリンピックの事前キャンプ地については、全国各地で締結されているが、袋井市の場合は前年に行われるラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)がきっかけになった。日本とアイルランドは1次リーグA組で、ともに2戦目で対戦する。会場は袋井市にあるエコパスタジアム。2002年のサッカーのW杯日韓大会でも使用されたビッグスタジアムだ。原田市長によると、アイルランドのラグビー関係者が会場視察に訪れ、オリンピック委員会に袋井市の様子などを伝えたようだ。

締結式に臨んだ左から川勝静岡県知事、原田袋井市長、シェラードCEO、カヴァナ大使

覚え書きを交わした原田市長は「アイルランドが袋井市を選んでくれたことに感謝している。アイルランドと言えば、ダニーボーイような民謡やギネスビールなどが有名だが、これを機会に市民がアイルランドをもっと知り、近い存在の国になるだろう。市民と多くの交流が生まれることを期待している」と話した。シェラードCEOも「キャンプ地として整備された施設は大事だが、もっと大事なのは人であり、人が成功を生み出す。それこそがレガシーであり、それは永遠に続くでしょう」と感謝の気持ちを表した。

袋井市ではエコパスタジアム、エコパアリーナのほか、20年4月に完成する新総合体育館などを練習会場として予定している。今後、周辺の自治体にも協力を呼び掛け会場確保に努める。袋井市はラグビーでは真剣勝負の舞台になるが、オリンピックでは友好の場になる。

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

障害者スポーツや選手を応援する輪を広げる東京都のプロジェクト…

 「ついに」というべきか、「やっと」というべきか、8月10日…

「泳いでつながる笑顔の輪」をモットーに、水泳に親しむ機会を広…

 全国の水産業者が絶賛する質の高い水産物を供給し、わずか8,…

 5月半ば、ヘンリー王子と米国出身で女優のメーガン・マークル…

始皇帝以前に誕生していた囲碁 囲碁の歴史は大変に古く、中国を…

スポーツ

ブログを更新「がむしゃらで、ぶきようなおとこ」 ヤクルトの人…

16日(日)に新宿区にある小田急ハルクにてサマンサタバサのイ…

2016年にDeNAに加入したロマックだったが、30試合で0…

鶴見緑地公園初のサイクルイベント! 2025年万博開催決定に…

今年も様々なことが起こった国内女子ツアー。2018年シーズン…

15日(土)、マンシングウェアクラブハウス銀座にて、ウェア契…

ビジネス

有価証券報告書に役員報酬を少なく記載したとして再逮捕された日…

ロボット製作を通じて若い世代に東京電力福島第1原発の廃炉に関…

2017年度のシカやイノシシなどの野生鳥獣肉(ジビエ)の利用…

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の新型パラボラアンテナが15…

2025年までにプラスチック製のレジ袋やストロー、食器の使用…

感染すると、手足の壊死や多臓器不全などを引き起こす「劇症型溶…

地域

2000年にノーベル化学賞を受賞した白川英樹筑波大名誉教授(…

沖縄総合事務局運輸部車両安全課は14日、車検切れで公道を走行…

◆キャッシュレス決済九州経済の今後を考えるにあたり、重要なこ…

年賀状の受け付けが15日、全国一斉に始まった。郡山市の郡山郵…

台湾の魅力を発信する「美麗寶島(びれいたからじま)との出会い…

中日本高速道路は15日、東海北陸自動車道白鳥インターチェンジ…

政治・国際

【カトウィツェ共同】ポーランド・カトウィツェで開かれた国連気…

【パリ共同】フランス内務省は15日、マクロン政権に抗議する黄…

新元号の公表時期を巡り、仮に、皇太子さまが来年5月1日の新天…

【パリ共同】フランスでマクロン政権に抗議する黄色いベスト運動…

【ワシントン共同】トランプ米大統領は15日、ジンキ内務長官が…

【カトウィツェ共同】ポーランド・カトウィツェで開催中の国連気…
株式会社共同通信社