世界新体操、団体日本フープ「銀」 2大会連続の表彰台

【ソフィア共同】新体操の世界選手権最終日は16日、ソフィアで団体種目別決勝が行われ、日本(杉本、松原、熨斗谷、横田、鈴木)はフープで22.800点をマークして銀メダルを獲得した。昨年の「銅」を上回る2……

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

ビジネス

地域

政治・国際

スポーツ

株式会社共同通信社