仏独、第1次大戦終結100年 因縁の地で首脳が和解を象徴

【パリ共同】第1次大戦を終結させた休戦協定締結から100年となる11日を前に、フランスのマクロン大統領は10日、仏英両国など連合軍とドイツ軍が休戦協定に署名したパリ近郊コンピエーニュの森の空き地で、ド……

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

ビジネス

地域

政治・国際

スポーツ

株式会社共同通信社