競泳W杯、大橋が短水路日本新 萩野は2位

短水路(25メートルプール)で争う競泳のワールドカップ(W杯)東京大会は10日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子400メートル個人メドレーの大橋悠依(イトマン東進)が4分22秒73の短水路日本新記録で……

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

ビジネス

地域

政治・国際

スポーツ

株式会社共同通信社