テニスの性差別論、審判団が不満 セリーナからの批判に擁護少ない

テニスの全米オープン女子シングルス決勝で大坂なおみ(日清食品)に敗れた元世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)が主審の判定を「女性差別」と批判した問題で、擁護の声が少ないことに審判団が不満……

あなたにおススメの記事

あわせて読みたい

関連記事

ビジネス

地域

政治・国際

スポーツ

株式会社共同通信社