大阪・関西万博のテーマソングが完成 公式キャラクターの愛称は「ミャクミャク」に決定

2025年日本国際博覧会協会 公式キャラクター「ミャクミャク」

 

 公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)のオフィシャルテーマソングとして、アンバサダーを務める男性デュオのコブクロが書き下ろした新曲「この地球(ほし)の続きを」が完成した、と発表した。

 曲は、7月18日にユニバーサル・スタジオ・ジャパンで開催した大阪・関西万博開幕1000日前イベント「1000 Days to Go!」で初めて披露された。同協会に所属していなくても、万博の機運醸成につながる目的であれば、無償で曲を使用できるよう、今後、公式サイトで使用申請の受け付けを行う予定という。

 コブクロの2人は、「大阪で開催されたEXPO 70’から55年後に、もう一度万博がやってくるということで、あの歴史的な一幕に対するリスペクトとオマージュも込めた」とコメントした。

 また同協会は、公式キャラクターの愛称を選ぶ最終選考委員会を開催し、4月26日~5月16日に応募があった3万3197作品の中から、最優秀作品に選ばれた「ミャクミャク(MYAKU-MYAKU)」に決まった、と発表した。川勝未悠さんと作田陽向さんの2人から応募があった。選考委員の1人として選考会に参加したシンガーソングライターのaikoさんは「キャラクターに命を吹き込む一員として愛と心をいっぱい込めて選考させていただいた」と話した。

 ・オフィシャルテーマソング:https://www.expo2025.or.jp/overview/themesong

 ・公式キャラクター:https://www.expo2025.or.jp/overview/character/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社