「若手が働きがいのある会社ランキング」を発表 GPTWジャパン、大規模1位はレバレジーズグループ

GPTWジャパン 「2022年版 若手ランキング」ロゴ

 

 世界で「働きがいのある会社」に関する調査・分析を行うGreat Place to Work Institute の日本法人GPTWジャパン(東京都品川区)はこのほど、「2022年版 日本における『働きがいのある会社』若手ランキング」を発表した。

 同若手ランキングは、日本で2020年に新設され、今回が3回目。今年2月に発表した「2022年版 日本における『働きがいのある会社』ランキング」でベスト100に選ばれた100社の中から、特に34歳以下の若手従業員にとって働きがいがあると評価された企業について、従業員数で3部門に分け上位5社を選出した。

 大規模部門(従業員1000人以上)で1位となったのは、レバレジーズグループ(サービス業=他に分類されないもの、前回5位)。「個人のポテンシャルを信じ、若手社員にどんどん責任ある仕事を任せるカルチャーがある」と評価された。

 2位がセールスフォース・ジャパン(情報通信業、前回ランク外)、3位は前回1位のアメリカン・エキスプレス(金融業、保険業)、4位(前回3位)ディスコ(製造業)、5位(前回2位)プルデンシャル生命保険(金融業、保険業)。

 中規模部門(100~999人)と小規模部門(25~99人)は以下の通り(カッコ内は前回順位、―はランク外)。

▽中規模部門 1位(―)キュービック(情報通信業)、2位(1位)コンカー(サービス業=他に分類されないもの)、3位(3位)CKサンエツ(製造業)、4位(―)アチーブメント(学術研究、専門・技術サービス業)、5位(―)ヤッホーブルーイング(製造業)

▽小規模部門 1位(1位)現場サポート(情報通信業)、2位(―)あつまる(情報通信業)、3位(―)新経営サービス(学術研究、専門・技術サービス業)、4位(―)アイグッズ(卸売業、小売業)、5位(―)バーテック(製造業)

 中規模1位のキュービックは「入社時に全従業員が一人ひとりにメッセージカードを贈るなど仲間として迎える姿勢がある」、小規模1位の現場サポートは「教育を“共育”と捉える明確な育成ポリシーに基づき、内定直後から適用される多様な研修・制度が用意されている」ことがそれぞれ評価された。

 GPTWの「働きがいのある会社」ランキングは、ランキング参加企業へ世界共通のアンケートを実施し、約60カ国で発表。今回の日本の若手ランキングは、若手従業員へのアンケートや若手従業員比率のデータなどを基に評価したという。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社