官公庁の白書で初のFSC認証紙使用 環境省が2022年度版の3白書で

FSCジャパン 「環境白書」の「FSCマーク」

 

 特定非営利活動法人の日本森林管理協議会(東京都世田谷区、FSCジャパン)はこのほど、環境省編集の3つの白書が官公庁の白書として初めて、持続可能な木材を原料とする「FSC認証紙」を使用した、と発表した。

 環境省は6月7日に公表した2022年版の「環境白書」「循環型社会白書」「生物多様性白書」の3つの白書でFSC認証紙を使用。FSC認証は、FSCの認証基準に従い適切に管理された森林で調達された原材料の製品が対象。認証製品には「FSCマーク」を付けることができる。

 FSCジャパンは「環境省の取り組みをきっかけになって、その他の官公庁でもFSC認証紙の利用が促進され、国内でのFSC認証の普及がさらに進むことに期待したい」としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社