東リ、ビニル床タイル新ブランドを発足 7月28日発売、高機能化・環境配慮型にリニューアル

東リ 「LCTシリーズ・ダイナミックストーン LCT8004・LCT8006」

 

 東リ(兵庫県伊丹市)は、新たに単層ビニル床タイルのブランドLCT(Luxury Calcium carbonate Tile)と、複層ビニル床タイルのブランドLVT(Luxury Vinyl Tile)シリーズを立ち上げ、7月28日に新商品および新柄新色を発売する。

 自然由来の炭酸カルシウムを主成分としたLCTシリーズは、「ダイナミックストーン」「ピエスタ」「ストレイン」「ヴィアーレ」「リノテスタ」の既存5商品をワックスメンテナンス不要なノーワックス仕様に進化させリニューアルした。特徴は偶然性を生かした不均一な高意匠デザインで、タイルが摩耗しても模様が持続するという。

 印刷フィルムとエンボスにより高度な意匠表現を実現したLVTシリーズは、色・柄・サイズのバリエーションを誇る「ロイヤルストーン」「ロイヤルウッド」や、ワックスをしのぐ防汚性能を持つとされる「イークリンNW-EX」「ルースレイタイルシリーズ」などで、用途に応じた機能が選べ、アイテム数は300を超えるという。

 両シリーズは、製造時に出る端材などをタイルの材料として再利用するほか、一部商品では、使用済みの農業用ビニルを再生利用する。さらにLVTシリーズは、多くの商品がエコマーク認定を取得した環境配慮型商品だとしている。

 ・東リ ウェブサイト:https://www.toli.co.jp/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社