物流施設を災害時物資拠点に 大和ハウス工業が神奈川県と協定締結

神奈川県×大和ハウス工業

 

 大和ハウス工業(大阪市)はこのほど、神奈川県内の同社の物流施設を災害時の物資拠点として提供する「災害発生時における物資の保管等に関する協定」を神奈川県と締結したと発表した。

 神奈川県の協力要請に基づき、大和ハウス工業が同県内に開発した複数のテナント企業が利用可能な「マルチテナント物流施設」のスペースを災害時に県指定物資拠点として提供する。県の災害応急対策の向上に協力する。

 大和ハウス工業が災害時の物資拠点として提供する神奈川県内の物流施設は次の7施設(2022年4月15日時点)。DPL伊勢原、DPL平塚、DPL新横浜Ⅰ、DPL横浜戸塚、DPL新横浜Ⅱ、DPL新横浜Ⅲ、DPL小田原鬼柳。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社