体組成計に乗るだけでスーツのサイズ、提案します はるやま商事がタニタと協業し、サービス開始

はるやま商事×タニタ 「健康チェックと同時におすすめのスーツサイズとシルエットを提案する新サービス」

 

 はるやま商事(岡山市)はタニタ(東京都板橋区)と協業し、体組成計に乗るだけでお薦めのスーツサイズと商品シルエットを提案するサービスを始めた。

 タニタが開発した体組成データから体形を推定する新技術と、はるやまの商品情報を組み合わせた。首やおなか回り、胸囲、裄丈(首の付け根から袖先までの長さ)、ヒップ、太もものサイズを推定し、フィットするサイズやシルエットのスーツ、パンツ、スカートなどを自動で提案する。来店客と店舗スタッフとの接触を減らし、来店客自身による商品選びの自由度を高めるのが狙いだ。買い物時間の短縮や新型コロナウイルスの感染対策にも役立つとしている。

 4月28日から東京都武蔵野市の「はるやま吉祥寺店」と岡山市の「はるやま岡山大安寺店」で試験提供をスタートし、効果検証の後、導入店舗を拡大する、としている。

 健康チェックもでき、希望者は結果画面を自分のスマホで撮影できる。はるやまは、測定したデータをプリントアウトできるよう開発を進める予定だという。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社