沖縄の今とこれからを考える報道写真展を開催 新聞通信調査会が4月29日から「沖縄復帰50年」

新聞通信調査会 「午前0時、本土復帰」(1972年5月15日)

 

 公益財団法人 新聞通信調査会(東京都千代田区)は、今年が沖縄の日本復帰から50年の節目に当たることから報道写真展「沖縄復帰50年-定点観測者としての通信社-」を4月29日(金)~5月15日(日)に開催する。

 米国統治の27年間を経て1972年5月15日の復帰した沖縄は、その後の半世紀で何が変わって何が変わらなかったのか―。復帰の「喜び」と米軍基地への「怒り」が織りなした沖縄の変遷を138枚の報道写真で振り返る内容だという

 初日の4月29日には沖縄タイムス社、琉球新報社のベテラン記者が参加する座談会「沖縄50年の裏話表話~地元記者の取材メモ~」を開催する。

 報道写真展の概要は以下の通り。

【テーマ】沖縄復帰から50年を回顧し、沖縄の今とこれからを考える
【会期】2022年4月29日(金)~ 5月15日(日)入場無料、会期中無休
【開催時間】午前10時~午後7時(初日は正午から、最終日は午後6時まで)
【会場】東京都千代田区丸の内、東京国際フォーラム・ロビーギャラリー
〈座談会〉
【登壇者】平良哲(沖縄タイムス社)、近藤好沖(琉球新報社)、河原仁志(新聞通信調査会/進行役)
【日時】4月29日(金)午後3時~4時30分、入場無料、定員100人(抽選)
【問い合わせ】(株)共同通信社内 報道写真展「沖縄復帰50年」
TEL:03-6252-6044 E-mail: inoue.yamami@kyodonews.jp

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社