個室型ワークスペース「CocoDesk」でオンライン相談の実証実験 新しい店舗の形を提供、富士フイルムビジネスイノベーション

富士フイルムビジネスイノベーション×タイムリープ

 

 富士フイルムビジネスイノベーション(東京都港区)と、遠隔接客サービスを提供するタイムリープ(東京都千代田区)はこのほど、個室型ワークスペースの「CocoDesk」内で、保険・法律相談や占いなどの生活関連サービスをオンラインで相談する場として提供する実証実験を開始した。

 実証実験は、富士フイルムビジネスイノベーションが東京地下鉄と提供している「CocoDesk」と、タイムリープの遠隔接客システム「RURA」を組み合わせた。サービス事業者が従来店舗窓口で行ってきた相談などを、プライバシーが確保されたCocoDeskの空間でタブレットを使い、オンライン相談を行う新しい店舗として新たな価値を社会へ提供することを目的にしている。

 「CocoDesk」内で提供するサービスは、保険相談、法律相談の受け付け、不動産賃貸の相談、メンタルヘルスサポート、占いからスタートし、事業者にはアディーレ法律事務所らが名を連ねる。

 オンライン相談サービス専用ブース設置場所は、東京メトロ溜池山王駅(出口5方面)、秋葉原UDX、京急川崎駅(改札内)、田町センタービル、ジョイナステラス二俣川に各1台、合計5カ所(5台)に設置する。実証実験の期間は4 月22日から3カ月間程度を予定している。

 CocoDesk利用は無料(提供サービスごとに料金が発生する場合もあり)

・CocoDesk「オンライン相談サービス」公式サイト:https://lp.lss-box-reservation.com/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社