純米酒ベースのボタニカルリキュール 大関、クラウドファンディングの高評価で一般販売へ

大関 「BOUQUET OF HERBS」

 

 大関(兵庫県西宮市)は、純米酒ベースのボタニカルリキュール「BOUQUET OF HERBS(ブーケオブハーブス)」を4月18日に発売する。希望小売価格は2970円。

 2019年4月に結成した女性社員による商品開発チーム「彩irodori」が、自然素材にこだわって開発した。昨年実施したクラウドファンディングで目標金額の111%の支援が得られ、支援者から好評だったことから一般販売することにした。

 原材料は、純米酒、レモングラスやコリアンダーなど4種類のハーブ、奄美のオリゴ糖を使用。米と米こうじだけで造った純米酒に、ハーブをそのまま漬け込んだ。開発には約1年かかったという。

 レモングラスの爽やかな香り、スパイシーなジンジャーとコリアンダーに、シナモンの柔らかな風味が米の甘みと調和した味わいで、ロックや、炭酸水と1対1で割るなどして、リラックスタイムのほか、食前酒、食中酒として楽しんでほしい、としている。

・クラウドファンディングプロジェクト:https://readyfor.jp/projects/bouquet_of_herbs

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社