獣医師を目指す学生を応援しよう 岐阜大が臓器模型の製作費をクラウドファンディングで募集

岐阜大学 「動物の犠牲を伴わない手術実習で獣医師を養成したい」

 

 岐阜大応用生物科学部共同獣医学科の渡辺一弘教授と宮脇慎吾准教授は、クラウドファンディング(CF)で、岐阜大で開発した臓器模型を製作するプロジェクト「動物の犠牲を伴わない手術実習で獣医師を養成したい」を開始した。

 CFは「READYFOR」で6月15日午後11時まで受け付ける。目標金額は500万円だが、目標金額にかかわらず集まった支援金を受け取るオールイン形式の寄付金控除型で、コースは5000~100万円の7コース。

 獣医師を目指す学生が外科手術の技術を習得するには、座学と映像視聴、手術見学が中心だ。生きた動物を利用することは動物愛護の観点から望ましくなく、生体模型は非常に高額のため、全ての学生が使用できるわけではないという。そこで岐阜大は外科手術の実技トレーニングを全ての学生が繰り返し学べるよう、シリコーン製の犬の臓器模型を開発した。集まった支援金は、模型の材料費と製作費に充てられる。将来的にはこの臓器模型を全国に普及させ、日本の獣医学教育や獣医療の質の向上に貢献したい、としている。

・クラウドファンディング:https://readyfor.jp/projects/gifuvet-skills

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社