阪神高速3号神戸線(摩耶~芦屋)を終日通行止め 4月15~25日にリニューアル工事

阪神高速道路 「高速道路リニューアルプロジェクト」

 

 阪神高速道路(大阪市)は、大阪市と神戸市を結ぶ「3号神戸線」について、4月15日(金)午前4時から4月25日(月)午前6時まで、リニューアル工事のため兵庫県内の「摩耶」~「芦屋」の上下線(約10・3キロ)を終日通行止めにすると発表した。通行止めになるのは、以下の区間。

<上り線(大阪方面)出入口>
 出口:深江出口
 入口:摩耶東行入口、魚崎入口

<下り線(神戸・姫路方面)出入口>
 出口:摩耶西行出口、魚崎出口
 入口:深江入口、西宮入口

 特設サイトでは、通行止めの詳細情報や、交通影響予測などについて掲載している。

・「3号神戸線(摩耶~芦屋)のリニューアル工事特設サイト」:https://www.hanshin-exp.co.jp/renewal/kobe2022/

 リニューアル工事では、経年劣化などによる舗装や伸縮継手の損傷を補修することに加え、案内標識のレイアウト改善やカラー舗装の実施といった工事も行う。

 阪神高速道路によると、3号神戸線の摩耶~芦屋は、1970(昭和45)年の開通から50年以上が経過し、老朽化により鉄筋コンクリート床版や鋼床版の劣化が進行。2008年に実施した前回のリニューアル工事から10年以上が経過し、舗装の損傷なども多く発生しつつあることから、今回の工事を実施するとしている。「期間中、車の利用を控えるか、迂回(うかい)に協力を」と呼び掛けている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社