熱海に新名所? 「熱海ミニ横丁」、4月9日オープン

伊豆半島合同会社 「熱海ミニ横丁」

 

 伊豆半島合同会社(静岡県熱海市)は、揚げ物や点心、飲み物、土産など七つの屋台を集めた「熱海ミニ横丁」を4月9日にオープンする。

 場所は、熱海駅前平和通りと熱海銀座の間に位置し、双方から距離があるため、密になりづらい、としている。店内には椅子を置かず、最大で2人用テーブルだけの立食スタイル。屋台は人気が出なければひと月で別の屋台に変える予定だ。

 旬の食材や、地元の牛肉や豚肉、牛乳、お茶などのブランドを全面に打ち出したキャンペーンか、射的や輪投げ、ヨーヨーすくいなど「昭和レトロ」「大正レトロ」を再現したキャンペーンを毎週実施するという。土日、祝日を含め、スタート時は週5日営業し、不定休。

 伊豆半島合同会社は、「熱海の新名物」として「熱海温泉 毒饅頭(まんじゅう)」を発売し、多くのメディアでも取り上げられた。屋台では「毒饅頭」のほか、激辛牛肉まんの「赤鬼まん」なども販売する。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社