「2022年度日本数学会出版賞」を受賞 紀伊國屋書店、4月24日までブックフェアを開催

紀伊國屋書店 「2022年度日本数学会出版賞」

 

 紀伊國屋書店(東京都新宿区)刊行の「紀伊國屋数学叢書(そうしょ)」(伊藤清三他編)がこのほど、数学の研究・教育・普及に顕著な業績を挙げたとして、「2022年度日本数学会出版賞」を受賞した。

 紀伊國屋書店は1974年から94年にかけて紀伊國屋数学叢書全33巻、計35冊を刊行した。「現代数学の発展にとって重要であり、また既刊書で必ずしも重点が置かれていないテーマ」を選び、一流の数学者が執筆した。出版当時の最先端の成果の解説を含んだ各巻はオリジナリティーが高く、学部生や大学院生、研究者、数学ファンから「自学自習するにあたり大変有益な書籍だ」と評価されているという。現在もオンデマンド版と電子版の形で大部分を刊行している。

 今回の受賞を記念し、4月24日まで新宿本店8階自然科学書売場・カウンター前フェア台とウェブストアでブックフェアを実施している。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社