LIVE BOARD、屋外広告のインプレッション計測技術を開発 位置情報とカメラによる媒体注視率データを活用

LIVE BOARD×NTTドコモ 「インプレッション計測技術」

 

 屋外広告枠販売のLIVE BOARD(東京都渋谷区)は、グループ会社のNTTドコモ(東京都千代田区)とともに、交通広告・車内ビジョンにおけるインプレッション(視認者数)の計測技術を開発したと発表した。

 LIVE BOARDが開発したインプレッションの計測技術は、電車利用者の位置情報とカメラによる媒体注視率データなどを活用した技術で、日本で初めての技術だという。

 LIVE BOARD は4月以降、メトロアドエージェンシー(東京都港区)の車内ビジョン「Tokyo Metro Vision」など、交通広告と屋外スクリーンなどのLIVE BOARD媒体を組み合わせた広告展開や、アカウンタビリティニーズ(説明義務)などにも対応し、広告効果の見える化を実現するとしている。

 また、全国5400のスクリーンがあるLIVE BOARDネットワークでも、インプレッションなどの定量的な指標を用い、豊富なドコモデータを活用したターゲティング配信など、付加価値の高い広告配信の提供を目指すという。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社