大豆産地の高校生がパッケージをデザイン 青森県十和田産の納豆2商品

太子食品工業 「十和田大豆の大粒納豆40g×3」

 

 食品メーカーの太子食品工業(青森県三戸町)はこのほど、青森県立三本木農業高校(青森県十和田市)の生徒がパッケージをデザインした納豆商品「十和田大豆の大粒納豆40g×3」「PRIDE OF 三農なっとう40g×3」を発売した。

 納豆2商品はいずれも158円。十和田市内を中心に青森県内のスーパーで数量限定3万個を販売する。

 納豆は青森県十和田産の大粒大豆を使用。三本木農業高校の2年生女子生徒10人が2チームに分かれ、パッケージのデザインを考え、生徒おすすめのレシピや、同高校のアンテナショップ「サンファーム」の取り組みなどを掲載した。生徒はデザインの参考にするため、納豆工場を見学し、納豆の作り方も学んだ。

 太子食品工業は「地元で作られた大豆を地元の高校生と地元企業で商品化し、地元の皆さまに食べていただきたい」としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社