日本画の巨匠、横山大観記念館のVR美術館を公開 博物館の国際交流の促進事業で制作

横山大観記念館 「VR美術館」index

 

 公益財団法人 横山大観記念館(東京都台東区)はこのほど、2021年度文化庁の「博物館等の国際交流の促進事業委託業務(実施事業)」受託事業として「東西文化財を活用した博物館の国際交流の促進事業」で横山大観記念館の仮想現実(VR)美術館を制作し公開した。

 上野池之端にある横山大観記念館は、日本画の巨匠、横山大観のアトリエ兼住居を記念館として公開しているもので、公開したVR美術館は、WEBブラウザ上で邸宅内や名画などが解説付きで鑑賞できるとしている。

 VR美術館ではクイズも交え、邸宅の客間や画室などを360度で鑑賞できるほか、邸宅内の「隠れ大観」をクリックすると、大観のエピソード情報や入館料割引券も入手できる。

 VR美術館のWEBサイトとYouTube公式チャンネルでは、東西文化財を活用した博物館の国際交流の促進事業で実施した「クロード・モネと横山大観シンポジウム」の動画も配信している。

・横山大観記念館VR美術館:https://taikandigital.tokyo

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社