ダイコロがデジタル時代に対応した「卒アルモバイル」 好きな写真を自由に追加できる卒業アルバムの新サービス

ダイコロ 「卒アルアルバム」画面

 

 卒業アルバム制作のダイコロ(大阪府枚方市)は、デジタル時代に対応した卒業アルバムのプラットフォーム「卒アルモバイル」を4月1日に全国の学校向けに販売し、サービスを開始する。

 スマートフォンなどのアプリ上で閲覧する「卒アルモバイル」は、紙媒体ではできない動画や音声メッセージなどの音による表現も可能にしたデジタル版の卒業アルバムだとしている。例えば体育祭や部活動などの紹介では動画を掲載したり、顔写真をタップして音声メッセージが流れたりするといったコンテンツも可能。ページ数に制限がないので、多くの写真を掲載できるという。

 また、卒業後も表情が気に入らない写真の入れ替えや追加・削除も可能。閲覧は5アカウントまで共有できるので遠方に住む祖父母らと共有することもできる。印刷工程がないので卒業間際の急なデータ差し替えなどの編集作業にも対応し、アルバムの購入はネット決済のため集金作業の手間も省けるとしている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社