自覚症状のない心房細動を早期発見 オムロン ヘルスケア、心電計付き上腕式血圧計を発売

「オムロン 心電計付き上腕式血圧計 HCR-7800T」

 

 オムロン ヘルスケア(京都府向日市)は、不整脈の一種である心房細動の早期発見・治療介入を目的とした「オムロン 心電計付き上腕式血圧計 HCR-7800T」を発売した。オープン価格だが、同社の公式オンラインストアでは2万9800円。

 心房細動とは、心臓の上方にある左右の心房内に流れる電気信号が乱れることで起こる不整脈の一種で、心房細動を発症すると血栓ができやすくなる。血栓は血流によって脳に運ばれると血管をふさぎ、脳梗塞を発症する危険性が高い。

 心房細動は早期発見と治療で高い効果が期待できるが、自覚症状がなく、人間ドックや健康診断で確認できない場合もあるという。

 「心電計付き上腕式血圧計」は、家庭で血圧を測定する際、心電図も一緒に記録できる。心電図は、専用アプリ「OMRON connect」で分析して、心房細動の可能性をメッセージで知らせる。アプリで記録したデータをPDFに変換し、メールに添付したり出力したりして、通院時に医師と共有し、活用することが可能だ。

 オムロン ヘルスケアは、一般社団法人スマートヘルスケア協会(東京都台東区)とパートナーシップを結び、脳・心血管疾患の予防啓発事業に乗りだす。両社が調剤薬局や処方箋調剤を扱うドラッグストアに提案し、薬剤師に「心電計付き上腕式血圧計」とチェックシートを活用した啓発活動を行ってもらう。必要に応じて疾病説明を行ったり受診を勧めたりし、医療機関や地域の専門医療機関を案内する。オムロン ヘルスケアによると、この事業は5月中に開始するとしている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社