ラッコキーワードの有料プラン提供開始 機能を強化、必要な情報を抽出・表示

「ラッコキーワード」

 

 マーケティングリサーチツールのラッコ(東京都渋谷区)が運営する、WEBサイト検索キーワードのリサーチツール「ラッコキーワード」はこのほど、機能を強化した有料プランを発表した。料金はライト990円、スタンダード2475円、プロ4950円、エンタープライズ9900円(年契約時の月額単価)。

https://related-keywords.com/

 2012年から無料版の提供を行う「ラッコキーワード」は、WEBサイト運営に必要な検索キーワードの調査などを瞬時に行い、SEO対策(検索エンジン最適化)に必要な情報をWEBブラウザ上で抽出・表示できるリサーチツールだとしている。

 有料プランは、無料版(利用回数・同時接続などの制限あり)に加えて、複数検索エンジンのサジェストキーワード(予測したキーワード候補)が一括取得可能な「サジェストプラス」と、Googleにおけるキーワードの月間検索数(年間平均値)や競合度などを取得可能とする「月間検索数取得」の二つの限定機能が利用できるとしている。

 昨年は、検索上位20サイトから見出し(H1〜H6)、見出し数、文字数、タイトル、URL、ディスクリプション(ページの要約)などが抽出・表示できる「見出し抽出」機能も追加した。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社