「第49回東京モーターサイクルショー」にDUNLOPブースを出展 住友ゴム工業、体験イベントやキャンペーンも

住友ゴム工業 「DUNLOP ブース」(イメージ)

 

 住友ゴム工業(神戸市)は、3月25〜27日に東京都江東区の東京ビッグサイトで開催する、バイクと用品の見本市「第49回東京モーターサイクルショー」に、DUNLOP(ダンロップ)ブースを出展する。体験イベントの開催やSNSキャンペーンなども実施する。

 展示ブースは、東京ビッグサイト西2ホール(ブース番号2-01)。日時は3月25日(金) の午前10時~午後1時のみ特別公開。一般公開は25日の午後1時~午後6時、3月26日(土) 午前10時~午後6時、3月27日(日) 午前10時~午後5時。

 出展ブースは「We are all Dinnovators」をコンセプトに、ユーザーとともに歩んできた DUNLOPタイヤの歴史や培ってきた技術を通して、バイクライフに必要不可欠な“ワクワク感”を提供するブースを目指したという。

 展示するタイヤは、発売予定のオンロードラジアルのコンセプトタイヤを中心とした「SPORTMAX」シリーズ。バイクは、EVバイク向けのコンセプトタイヤを装着したホンダ「PCX ELECTRIC」、DUNLOPスリックタイヤ装着した「2020年 FIMロードレース世界選手権Moto2参戦車両」、モトクロスタイヤGEOMAXシリーズを装着した無限MUGEN「電動モトクロッサー『E.REX』」(コンセプト車両)、SPORTMAX Q4後継モデルを装着したヤマハ「YZF-R1」を展示するという。

 出展ブースでは、先着限定で、手をかざすとレーシングバイクが疾走する走行音とタイヤ痕が刻まれる体験イベント「Are you Dinnovator?」も行う。公式Twitterアカウント(@TyresDunlop)をフォローした上で、ブースイベントへ参加すると、DUNLOPステッカーがもらえるほか、抽選でTシャツも当たるという。イベントの体験後、ブースを撮影してインスタグラムへ投稿するほか、来場者アンケートの記入などでもステッカーがもらえるという。

 そのほか、amazonギフト券(1000円分)が100人に当たる「公式Twitterキャンペーン」も行っている。キャンペーンの対象は公式アカウントをフォローしたすべての人で、期間は3月1~27日。

・イベント&キャンペーン参加方法:https://dunlop-motorcycletyres.com/tmcs2022/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社