ミドルシニア層の社員向けキャリア開発研修を提供 インパクトジャパン、「FACE」

インパクトジャパン ミドルシニア層向けキャリア開発研修「FACE」全体像

 

 組織・人材開発研修のインパクトジャパン(東京都中央区)はこのほど、ミドルシニア層の社員向けキャリア開発研修「FACE(フェイス)」の提供を開始した。

 「FACE」は、ミドルシニア層の社員が、自身の人生と丁寧に向き合い、自身の今後を模索し、一歩踏み出すためのキャリア開発研修プログラムだとしている。

 一般的なキャリア研修では、参加者にインプットと内省の機会を提供し、その重要性を学ぶことができるとしているが、「FACE」のキャリア開発はそれにとどまらず、さらに「行動に移す」ことが重要だと考え、プログラムには三つの仕掛けを織り込んだ。

 「FACE」プログラムの特徴である三つの仕掛けは、「感覚的理解を得るための思考と感情の揺さぶり」「チームで取り組む課題解決アクティビティーの活用」「上司と対等な関係構築の支援」などのコンテンツを織り込んでいるという。

 プログラム開発にあたったクリエイターの山田英彦さんによると、「今回のプログラムを通して、人生と丁寧に向き合い、深みのあるキャリア観をミドルシニア層が身につけ、行動に移していただけたら幸いです」と、コメントした。プログラムについての問い合わせは;https://www.impactinternational.com/japan

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社