首里城の地下に眠る「第32軍司令部壕」をグラフィックスで再現 沖縄タイムス社が特設サイトを公開

沖縄タイムス社 「知る32軍壕」トップページ(32軍壕が地下に眠る首里城の上空)

 

 沖縄タイムス社(那覇市)は、旧日本軍が沖縄戦で首里城の地下に掘った「第32軍司令部壕(32軍壕)」の歴史と現状に向き合う「継ぐ32軍壕」を連載していることに合わせ、壕の構造を3Dグラフィックで再現した特設サイト「知る32軍壕」を公開した。

 32軍壕は、米軍の本土上陸を遅らせるための持久戦と位置付けられた沖縄戦で、指揮を執った第32軍司令部の本部だった場所だ。1944年12月、建設に着手し、45年3月に完成したとされている。総延長は約1千メートルで、第1から第5までの坑道と5カ所の入り口がある。戦時中は1千人を超える将校や沖縄の軍属、学徒、県外出身の芸者らがいたといわれているが、詳細は明らかにされていない。

 特設サイトは、現在は立ち入ることのできない壕の内部を3Dグラフィックスで再現したほか、77年前に内部に入ったことのある戦争体験者のインタビュー動画、当時の写真、証言などを紹介している。

 沖縄県は、2019年の首里城火災をきっかけに、32軍壕の保存と公開を求める声が高まったことから、専門家会議などを重ね、保存方法についての検討を進めている。

・特設サイト:https://www.okinawatimes.co.jp/common/otp/feature/the32nd-army-headquarters-cave/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社