NTTデータ、製造業向けグリーンコンサルティングサービス 三菱重工の技術を活用し、「カーボンニュートラル」を支援

NTTデータ×三菱重工業 「提供ソリューション概要(赤枠内が今回高度化の範囲)」

 

 NTTデータ(東京都江東区)は、三菱重工業(東京都千代田区)のAI(人工知能)ソリューション「ENERGY CLOUD(エナジークラウド)」を活用して、製造業向けに高度なグリーンコンサルティングサービスの提供を始めた。

 サービスの対象は、①温室効果ガス排出量の可視化②燃料転換設備投資シミュレーション③産業用自家用発電の余剰電力活用提案―で、政府が宣言した2050年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」に対する製造業の取り組みを支援する。

 「エナジークラウド」は、製造プラントのリアルタイム実測データから、運転状況を仮想空間で再現するデジタルツインモデルを作成することで、温室効果ガス排出量を可視化する。製品単位だけでなく、生産時期やラインごとに温室効果ガスの量を把握でき、サプライチェーンの下流も含めた全体の排出量を可視化することで、削減につなげることができる、としている。デジタルツインモデルとAIを活用して、温室効果ガス排出量削減のための設備投資計画を立案したり、産業用自家発電の運転計画を最適化することで余剰電力を生み出したり、新電力事業者と連携して新たな収益源とするなどの検討も支援する。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社