「今年は飲食店で自由に飲める年になってほしい」 酒文化研究所、昨年ニュースは「酒類提供制限」がトップ

酒飲みのミカタ 「2021年酒ニュース わたしの一番」

 

 酒に関する調査を手掛ける酒文化研究所(東京都千代田区)は、酒好きほぼ100人に聞くアンケート「酒飲みのミカタ」で2021年の「酒ニュース」と、酒飲みは2022年にどんなことを望んでいるかなどの調査結果をまとめた。

 調査は昨年12月18~22日にインターネットで酒好きな100人に聞いた。昨年の酒に関するニュースを例示して最も印象的だったものをひとつだけ選んでもらったところ「飲食店での酒類提供制限が続く」(21%)がトップだった。

 コロナ禍で飲食店が酒類提供を禁止したり、提供する時間を限定したりといった期間が長引いたことは、やはり酒飲みにとって大きなニュースだったようだ。「一度も外で飲まなかった(50代・男性)」「こんなに外に飲みに出なかったことは人生で初めて(40代・男性)」といった声が寄せられたという。

 2位以下は「微アルコール飲料登場」(15%)、「路上飲みが拡大」(10%)、「糖質ゼロのビールがヒット」(7%)、「清酒消費が低迷し酒米が余剰に」(同)と続いた。

 今年はどんなことを望んでいるかを自由記述で聞いたところ、23人が「店で自由に飲めるようになってほしい」が断トツだった。具体的には「仲間と気兼ねなく店で飲めるようになるとうれしい(40代・女性)」「これまで大変だったので飲食店に盛り上がってほしい(20代・男性)」などの声が寄せられた。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社