世界最大級の教育コンテストで銅賞 早稲田大開発の英会話能力判定システム

 

 早稲田大グリーン・コンピューティング・システム研究機構(東京都新宿区)の知覚情報システム研究所の研究グループが開発した、英会話能力判定エージェントシステムInteLLA(Intelligent Language Learning Assistant)開発プロジェクトがこのほど、世界最大級の教育コンテストの能力判定部門で銅賞を受賞した。

 このシステムは、同研究機構の松山洋一主任研究員や鈴木駿吾次席研究員、佐伯真於研究助手らの研究グループが言語運用能力の効果的評価を目的に開発。最新の音声対話システム技術を使い、自然な発話タイミングの制御や非言語的なやりとりなどを通して自然な会話を実現し、学習者の潜在的な会話能力の発揮を促す点が評価された。英会話学校など幅広い分野での活用が今後期待される、という。

 コンテスト(QS-Wharton Reimagine Education Award 2021)は、クアクアレリ・シモンズ社と米ペンシルベニア大ウォートン校が主催する世界有数の教育イノベーションアワード。革新的な教育の取り組みを表彰し、海外有力大学の研究や世界的に有名な教育アプリなどが過去受賞している。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社