KLabが日本除く全世界で配信権を取得 モバイルオンラインゲーム「ジョジョの奇妙な冒険」

KLab モバイルオンラインゲーム「ジョジョの奇妙な冒険」アニメーションシリーズ

 

 ゲーム事業のKLab(クラブ、東京都港区)はこのほど、盛趣遊戯/Shengqu Games(シャンチューゲームス、中国上海市)と提携し開発を進めている、原作・荒木飛呂彦の漫画「ジョジョの奇妙な冒険」アニメーションシリーズのモバイルオンラインゲームで、日本除く全世界での配信権を取得したことを発表した。

 これにより2020年に発表した「中国大陸および台湾、香港、マカオ地域の配信権取得」に続き、配信対象エリアが追加・拡大したとしている。

 また、KLabが行う「海外向けゲーム開発支援モデル」は、日本のIP(知的財産)ホルダーからゲーム化のライセンスを取得し、海外デベロッパーと共同でゲームの開発および配信を行うことで収益を得るビジネスモデルだとしている。
 KLabによると、「ゲームを世界中に展開してきたことで得た知見を生かし、同モデルを推進することで、さらなる事業の拡大を目指したい」としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社