京都府南丹市の道の駅に手ぶらで楽しめるキャンプ施設がオープン 天然温泉や地元食材を使った食事も

ケー・エキスプレス 「道の駅 スプリングスひよし」

 

 ケー・エキスプレス(大阪市)は、京都府南丹市の「道の駅 スプリングスひよし」に、ビーズ(大阪府東大阪市)のアウトドアブランド「DOD(ディーオーディー)」とコラボした「DOD CAMP PARK KYOTO」を4月1日にオープンする。2月1日から予約を受け付ける。

 「道の駅スプリングスひよし」は、野菜直売所や土産物販売、レストランといった多くの道の駅に共通するサービス以外に、天然温泉やプール、岩盤浴、バーベキュー、体育館など多くの付帯施設を持つ。2021年4月からケー・エキスプレスが管理運営を担っている。

 「DOD CAMP PARK KYOTO」は、「DOD」のテントを22サイト常設し、さまざまなキャンプアイテムをレンタルすることができる。キャンプ初心者でも気軽に楽しめるよう、テントには、寝具やテーブル、チェア、小物などが付いたプランも用意している。プランには、地域の食材を使って自分で作る食事や、2日間入り放題の天然温泉入浴券も含まれており、手ぶらでキャンプが満喫できる。DODのテントをレンタルして自分で設営できるエリアもあるので、ベテランキャンパーも楽しむことができるという。

・道の駅スプリングスひよし:http://www.springs-hiyoshi.co.jp/
・DOD:https://www.dod.camp/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社