コールセンターのオペレーターを遠隔で管理 キューアンドエーの「南三陸サテライトオペレーションセンター」

キューアンドエー 「南三陸サテライトオペレーションセンター」

 

 情報通信技術(ICT)のサポートサービスを手掛けるキューアンドエー(東京都渋谷区)は、コールセンターのオペレーターを遠隔(リモート)で管理する「南三陸サテライトオペレーションセンター」(宮城県南三陸町)を開設、2月から運用を始める。

 センターは、東日本大震災の復興で利用されていた宿泊施設を再活用し、電話を受ける30席のブースはすべて個室だという。IT関係のテクニカルサポートを予定しており、オペレーターが相談内容について指示を仰いだり、運用管理者が従業員のマネジメントをしたりする業務は、仙台市の拠点(コアセンター)から遠隔で対応するという。

 キューアンドエーは、都市部が中心だったコールセンターを地方展開するための実証実験だと位置付けており、「在宅コールセンター」など次世代の働き方としての運営を目指すとしている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社