イオンモールで高校生たちが全身全霊で対決 「第1回全国高等学校 書道パフォーマンスグランプリ」決勝大会

イオンモール 「第1回全国高等学校 書道パフォーマンスグランプリ」決勝大会(出場校紹介)

 

 イオンモール(千葉市)は、「第1回全国高等学校 書道パフォーマンスグランプリ」の決勝大会を1月23日(日)にイオンモール幕張新都心1階グランドコート(千葉市美浜区豊砂1-1他)で開催する。開催時間は午前10時30分~午後4時30分。

 4(縦)×6(横)メートルの大判用紙に、7分の持ち時間内に音楽に合わせて行う書道パフォーマンス大会は、愛媛県の高校の文化祭などがきっかけとなり2015年から中四国大会がスタートしたという。

 今年は新たな文化の創造と発展、芸術文化の地域間交流の促進などを目的に「第1回全国高等学校 書道パフォーマンスグランプリ」として全国版に拡大した。

 全国から約80校の応募があった今回の大会は、各エリア大会を勝ち抜いた以下の15校が決勝大会に出場する。

東北北海道:仙台育英学園高校(宮城県)
関東:水戸葵陵高校(茨城県)、滑川総合高校(埼玉県)
中部:長野県松本蟻ケ崎高校(長野県)
近畿北陸:塔南高校(京都府)、上宮高校(大阪府)、須磨東高校(兵庫県)、伊川谷北高校(兵庫県)
中四国:岡山東商業高校(岡山県)、神辺旭高校(広島県)、高松西高校(香川県)、今治西高校(愛媛県)、鳥取城北高校(鳥取県)、萩光塩学院高校(山口県)
九州沖縄:須恵高校(福岡県)

・全国高等学校 書道パフォーマンスグランプリWEBサイト:https://syodou-p.jp/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社