かつて“ドライダー”として活躍した宮城光氏がアンバサダーに エンジンオイル「レッドフォックス」シリーズの市場普及へ

日本サン石油 「代表取締役社長 井口 泰秀 氏(左)と宮城 光 氏」

 

 日本サン石油(東京都千代田区)は、同社のモーターサイクル用4サイクルエンジンオイル「レッドフォックス」シリーズのアンバサダーに、元GPライダーで、現在はモータージャーナリストの宮城光氏が就任した、と発表した。

 宮城氏はかつて、国内最高峰のモーターサイクルレース「全日本ロードレース選手権」にワークスライダーとして参戦したほか、スーパー耐久などの4輪レースにも参戦し、“ドライダー”として活躍した。

 宮城氏は今後、アンバサダーとしてレッドフォックスシリーズの市場普及のために活動し、製品開発にも携わる、としている。宮城氏は、日本サン石油の主力製品である「SUNOCOエンジンオイル」との出会いは1996年の米国での2輪選手権で、自身が所属していたチームはSUNOCOからフルサポートを受けていたという。アンバサダー就任に対し、「品質の高さをさらに多くのバイクとクルマを愛する皆さんに伝えることが私の使命だ」と意気込んでいる。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社