4年連続のCDP最高評価 気候変動の取り組み、大和ハウス工業

大和ハウス工業 CDP認定「気候変動Aリスト企業」

 

 大和ハウス工業(大阪市)はこのほど、英国発足の国際的非営利団体「CDP」認定の「気候変動Aリスト企業」に4年連続で選ばれた、と発表した。

 CDPは、世界約1万4000社以上の企業・団体を対象に、気候変動への取り組み実績を8段階で評価。このうち優れた取り組みが認められた企業・団体を最高評価の「気候変動Aリスト」に認定している。2021年度は、計200社(うち日本企業60社)が選ばれた。

 大和ハウス工業は「今後も幅広い環境活動を通じてお客とともに新たな価値を創り、生かし、高め、すべての人が心豊かに生きる暮らしと社会の実現を目指す」としている。

 CDPは、企業や政府の温室効果ガスの排出削減や水資源、森林保全の促進を目的に2000年発足。590以上の機関投資家などと協力して、環境情報の開示・管理を企業に促すなどの活動をしている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社