金型メンテナンス支援システムを特別価格で ニューラコネクト、期間限定サービス

NeuraConnect 「モールドコネクト」システム構成イメージ

 

 IoT(モノのインターネット)に関するサービスを手掛けるNeuraConnect(ニューラコネクト、東京都品川区)は、樹脂成形工場などの金型管理を支援するクラウドシステム「モールドコネクト」について、新製品を設置日から1カ月6400円(税別)で提供する。

 希望する企業を2022年1月21日まで募集し、抽選で限定10社に通常19万6020円(税別、初期費用含む)のシステムを、設置してから1カ月間、特別価格で提供するという。提供期間は3月31日までで、2月末までに設置することが条件。申し込みフォームは;https://neuracon.net/?page_id=7

 提供する機器は、金型が稼働した数を管理する「スマートショットカウンターVer.3」と、金型周辺の温度を計測する「多点温度計『TMC』」。「スマートショットカウンター」は、あらかじめ設定した稼働数に近づくとメールで知らせる機能があり、金型のメンテナンス時期を把握することができるという。「多点温度計」についても、金型や周辺温度を計測することで品質向上やトラブル防止につなげることができるとしている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社