Minecraftカップの全応募作品を掲示 積水ハウス、「全国の展示場へ応募作品を見に行こう!」開催

積水ハウス 「展示場応援施策でのSDGs学習プログラム参加者(8月)」

 

 積水ハウス(大阪市)はこのほど、「Minecraft カップ2021全国大会」に応募された全484作品を全国の各展示場で掲示する「積水ハウスの全国の展示場へ応募作品を見に行こう!」を開催する。2022年1月31日まで。

 積水ハウスがゴールドパートナーを務める「Minecraft カップ2021全国大会」は、教育現場で活用されている「Minecraft: Education Edition(教育版マインクラフト)」を活用し、SDGsをテーマにしたワールド(プレーヤーが作るマインクラフトの世界)を制作する作品コンテストだ。

 地域の積水ハウス展示場で開催される「積水ハウスの全国の展示場へ応募作品を見に行こう!」は作品掲示のほか、「住まいのSDGs学習プログラム」の開催や、今大会の作品づくりのヒントがつまった攻略冊子のプレゼントなども用意されているという。
 対象は、Minecraftカップの参加者と今後、参加を検討している人。

 詳細、各展示場の掲示作品は特設サイト;https://www.sekisuihouse.co.jp/minecraftcup2021/event02/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社